読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

egchにっき

中崎町から十三に引越してきた古着屋egchのブログ。 えぐちって読みます。電話 06-7651-1581  メール egchosaka@gmail.com 営業時間13-18 土曜のみ19時まで 定休日は毎週木曜日と第2第4日曜日ですが、それ以外も買い付けなどで店舗業務をお休みすることがあります。こちらとSNSでお知らせしています。 

かわいくないおばあちゃん

 豊崎で営業を始めた際、

地域の方からは、

「なんでまたこんなとこで」と

聞かれました。

 

おしゃれなモノもコトも、

ここでは発信の受け手が少なかろうに。

と、先行きを心配してくれていて

開店から半年が過ぎようとしている今でも、

辛抱やで~と声かけてくれるおばちゃんおっちゃんがたくさんいます。

 

新地で長いこと料亭やっておられた

80才のおばあちゃんもそのひとり。

 

 

先週の金曜日のこと。

珍しく夫が電話をかけてきて

帰りにいっぱい飲んでいこうと。

(夫の勤務地も梅田エリアです)

その日は私の母が娘を保育園に迎えにいってくれる日でした。

私は、OK~少しだけならと言って

営業終了後、中崎町のBar CHOKEさんで待ち合わせの約束。

 

電話を切ったあと、

前述のおばあちゃんがやって来ました。

主人は元気かいな?と訊いてくれたので

さっきの電話の話をしました。

 

「ほんで、あんたは行くんか?」

 

このお年の方からこう問われた私は

少しバツが悪くなりました。

(好きなことを仕事にさせてもろて、

娘を母に見てもらいながら、

仕事終わりに夫と娘抜きで飲みにでかける)

 

 「母に悪いので少し、、、少しで帰ります。」

と答えました。

 

おばあちゃん、

 

そうやで。 

たまには夫婦みずいらずも大事や

ダンナが飲みにいこう誘ってくれてるときは

何をおいてもつきあわんと

それをせえへんかったら他に女をこしらえるんやで

 

咎められるどころか誉められました。

 

人生のパイセンが言うことはたぶん正しそうです。

 

いつもきれいに髪をまとめ

口紅ひいて

眉描いて

元女将の風格漂う、

「かわいいおばあちゃん」というのとはまた違う

おばあちゃん。

二人称では「おばちゃん」って呼んでいます。

 

 

スタイリングです。

f:id:egchvintage:20140926102250j:plain

秋の寒色使いと、一点チープ主義で。

f:id:egchvintage:20140926102321j:plain

アイシーな霜降ブルーグレーのニットは

スコットランド製のデッドストック。5200円。

新毛100%PURE NEW WOOLウールマークついてます。

ウールマークついてるわぁって

なんかおばちゃんな着眼点かもしれませんが

実際私はウールマークついてると

そういう目(きちんとしたモノである)でみています。

おばちゃんです。

きれいな色。

このとき、どんだけ盲目だったのか私、

えらい皺しわです。

気になりますよね。お恥ずかしいです。

スチームアイロンしました。

皺もうないです。

 

f:id:egchvintage:20140926102344j:plain

パンツはアルマーニのベルベット。

レーヨンシルクで、とろみがある生地感ゆえ、

一見すると

リラックスウェア的に見えるかもしれませんが

ゴムウエストではなく

列記としたTrounsers仕様。

こちらもトップに負けず劣らずのグッドカラー。

Sold。

 

f:id:egchvintage:20140926102419j:plain

シューズは中国のだいぶ古い靴。

100年は越えていないのでアンティークと呼べませんが

うっかりそう言いたくなるくらいの特別な物です。

 

オールハンドメイドで地下足袋のような

アウトソールでしたが、

実用が可能なように、

もう一層貼ってもらいました。

 

私はどんなに価値あるものも

ウェアである以上は

飾って眺めるより、wearして楽しみたい派。

23センチの私は入ります。29,000円。

f:id:egchvintage:20140926102443j:plain

f:id:egchvintage:20140926102504j:plain

f:id:egchvintage:20140926102551j:plain

帽子はイングランド製ベレー。

パンツ同様ベルベット。

深みあるグリーン、パンみたいな膨らみが素敵でした。Sold。

f:id:egchvintage:20140926102607j:plain

最後が一点チープ主義の立役者。

上質・超年代物・デザイナーズ、で組んで

こういうの背負うのどうですか?

めっちゃわかりやすいハズシです。

ハズシがハズレになったらどうしようとか

心配無用なくらい振れてるやつ。

 

絵の二人はタイで今をときめくトレンディ俳優。

元々はマーケットでの出店形式で販売していた若いクリエーターさん、

バンコク中心部のサイアム界隈で

実店舗を開店することになった彼らが

作ったナップサックです。

タイの熱量高いクリエーター、

これからやるぞ、夢にみた自分達のブランド、自分達の店、

キラキラがこぼれ落ちてる若人に値切る私。

(今でも、これだけは言い値で買うべきだったかなと思う)

めっちゃトレンディなカップルをプリントして。

時代を反映したこのナップサック、

大事にとっといて10年後くらいに背負ってても素敵ちゃいますか。1200円。

 

 

 

 

 

今日も少し長くなったblog。

十月の営業カレンダーを今晩もういっちょ更新します。

 

 

それではまた~

 

 

egch(エグチ)